読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もりログ

気になったことを書いてみるというスタンスで。

音楽の話。

今日はTSUTAYAに行ってきました。お目当ては「elementary」3rdseason6-12のDVDと、CD類。
最近、音楽をまた少し聞き始めています。
高校生の頃にデスティニーズチャイルド、クリスティーナアギレラ、スイートボックスなどの王道を通り、大学ではclammbonとクラブミュージックに目覚めました。音楽に入り込むということを覚えて、楽しかったあの日々。
社会人になってから急速に音楽から遠ざかっていて、もう最後の灯すら消えかかっていたのですが、このところ少しずつ興味が復活してきました。

今思うと、きっかけはテイラー・スゥイフトの「Shake it off」という曲かもしれません。
テイラーのいい感じに吹っ切れた歌詞の曲で、なんだか元気をもらえるんですよね。PVも非常にカワイイ。(まあ、テイラーの元カレ云々はさすがにもういいですけど^^;)
そんなこんなで、今は過去に音楽を漁っていたころのお気に入りを、ハードディスクに改めて取り込み中です。
今日見つけてとてもうれしかったのは、jazztronikの「侍」。これ、超カッコいいんですよね。
これから少しずつ開拓していきたいな。次はクラシックかな。
クラシックでは、辻井伸行さんのコンサートに行くのがその方面での夢の一つです。
もう一つはサントリーがやっている1万人の第九に出ること。
第九の方は、大阪に戻ったら検討して応募しよう。

また、余談ですが、冒頭で上げた「elementary」というアメリカのドラマもとてもおすすめです。
こちらの作品は、名探偵シャーロック・ホームズが現代のNYにいたら・・・という設定のドラマです。
イギリス発で世界的ブームになったベネディクト・カンバーバッチの「シャーロック」も名作ですが、こちらの「elementary」は謎解き(特に1stseason)も中々奇抜ですし、何より心理描写が細やかで人間臭いシャーロックを見ることができます。
こんなのシャーロック・ホームズじゃないという批判もあるようですが、実際に彼のように推理力が有りすぎる人がいたとしたら、まさにこんなかんじになるんじゃないかなあと私は思います。そういう意味で、とっても人間臭い。

あー、今日記を書きながらThe prodigyの「voodoo peaple」を聞いていますが、これもかっこええー。
さて、今晩はビールもあるし「elementary」もあるし、楽しい週末の始まりです。


Taylor Swift - Shake It Off

Samurai - Jazztronik

THE PRODIGY - voodoo people (original)